お金がない人は使わないというのが基本です

お金がない人は使わないというのが基本です

お金がないというのは、つらいことです。

 

生きている限りは、最低限のお金が必要なのです。

 

 

 

お金は、人間が作り出した最大の道具であると言えるでしょう。

 

お金があると幸せになるとは限りませんが、お金があることが幸せになれる、近道であると言えるでしょう。

 

 

 

お金を貯める方法は、「使わない」というのが一番です。

 

付き合いが必要、など言わなくても、一切の付き合いはしないことです。

 

極論ですが、そのくらいの気持ちでないと、お金はたまらないでしょう。

 

ケチになりきることで、少なくてもお金は少しずつ貯まって行きます。

 

 

 

サラリーマンであれば、拘束された時間をより有効に使うことで、お金儲けに近づきます。

 

今では電話があって、インターネットがあるので、情報はすぐに流れていきます。

 

移動時間や空き時間は、自分の為にしっかりと勉強や、情報集めをするようにしましょう。

 

 

 

お金に関することでは、節約が頭にチラつきます。

 

トイレットペーパーの使い方から、買う時の値段にまで気を使うようにすれば、金持ちになるための最初のステップであると思います。

 

 

 

セコイと思うかもしれませんが、水道代や電気代もバカになりませんので、少しでも安くできるように心がけましょう。

 

もし、お金のことで困っている人で、タバコを吸っている人は、タバコを吸うという部分だけでも辞めてもらいたいと思います。

 

なぜならば、一昔前よりもタバコの値段が、数段に上がっているということです。

 

 

 

20年前のタバコの値段は、200円前後ですが今のタバコは420円になっています。

 

倍近くの値上がりになっていますが、基本的には税金の値上げになっているだけです。

 

 

 

税金は、節税することに全力を尽くしているのに、タバコによって納税することは間違っていることを、把握しておきましょう。

 

一日400円で1か月12000円になり、1年で14万4000円になります。

 

タバコ貯金をすることで、一年に10万円の貯金をするようにしましょう。

 

 

 

タバコには、100害あって1利なしと言われています。

 

その理由を考えると、無駄、不健康、周りに被害など、はっきりと理由がわかると思います。

 

お金を持つことに、違和感がないような体制を作っておきましょうね。