ブラックお金を工面する方法A

学生ローンでお金を借りたいがブラック?

 

21歳の大学生が急なお金の入用でどうしても必要との事。

 

学生ローンでお金を借りようと検討されているみたいなのですが
携帯会社に支払いが遅れて滞納があったようで
現在はクレジットカードなどが作れない状況となってしまったようです。

 

果たしてこんな状態又は身分で学生ローンを利用出来るのか
お金を借りられるのかどうかを心配されておりました。

 

これに対して携帯代金の滞納はちゃんと解消したかどうかの確認をされておりました
3回以上のお支払い延滞でブラック扱いとなるそうです。

 

毎月のお支払い返済を確実にされているかどうか
個人情報に事故情報を作っていないかどうかも随時チェックされてしまうそうです。

 

ブラックとなっている箇所が発見されると審査は大変通過率が下がるとのご指摘でした。

 

お支払い延滞にしても完済後5年は消えないようでしたし、社会人になった後あらゆる場面で苦労するとの事。

 

携帯代金と言えど何度も怠ればブラックになってしまい
自動車ローンもクレジットカードも住宅ローンも組めないという状況となってしまうとのご意見もありました。

 

学生の日本学生支援機構などの奨学金返済も注意とあります
これも延滞する事によって信用情報に悪影響を与えてしまうそうでした。

 

学生とは言えどしっかり返済能力は身につけてからお金の工面をするべき
ブラック情報を消してからローンを組むべきとの事でした。

クレジット代金の延滞でブラック

クレジットカードもどんどん勢いで使ってしまうと後が怖いってもの
ある方はクレジットカードを使いすぎてとうとう払えなくなってしまったようでした。

 

未返済額は残り25万円にも関わらず毎月滞納している状況なんだとか

 

このままでいけないと思って
会社の上司に頼んで

 

なんとか翌月には一括で返そうかとも検討されているそうでした。

 

しかし一度ブラックになってしまうと未返済分を解消したとしても
5年〜10年の目安でブラック情報が消えなかったりします。

 

よって頑張ってすぐ支払ったからと言ってブラックになった後はブラックのままだという事になってしまいます。

 

このブラックである情報が消えない限り
クレジット会社その他金融関係でも審査にマイナスの影響が出たり、決して有利な状況にはならないという事を覚えておきましょう。

 

それでもなんとかして今後
ブラックのままお金が借りたいとか工面したいと思う事があれば

 

本格的にお金を借りる手段が当人は使えない為
通常の大手会社よりもワンランク、ツーランク下がった会社と取引契約をされる事となると思います。

 

それはつまり、それ相当の対応であったり結果を生むという事ですので自己責任の上判断するしか無くなるという事です。

 

ブラックになる時は一瞬
ブラックが消えるまでは長期。

 

支払いを怠るとお金の工面も通常時より大変厳しくなるというのが手にとるようにわかりますね。