普通の暮らしのお金の悩みとは

普通の暮らしのお金の悩みとは

ごくごく普通の生活をしたいと思っているだけなのに、お金が足りない、もっとあればと考えている人は多いと思います。

 

そもそも普通の生活とは一体どんなものなのか、誰もよくわからずにいるような気がします。

 

自分にとっての普通は、例えば実家で生活していた頃と同レベルの生活であったり、近所に住んでいる子どもの同級生の家庭と同じような生活であったりします。

 

結局は、今の自分の生活を何か別のものと比較した結果なのかもしれません。

 

というわけで、意識してお金の問題に関しては他人と比較しないようにしているのですがこれがなかなか難しいものです。

 

金銭的に余裕があるのか無いのかは、常にいろいろなシーンで自分はもちろん他人からもジャッジされていることが多いのです。

 

お金の有無を計るわかりやすいものさしなのでしょう。

 

例えば、私立の幼稚園や小学校へ子どもを通わせているとついつい見栄を張って無理をしてしまうという話をよく聞きます。

 

確かに近所の私立幼稚園や私立小学校を見ていると、保護者会帰りのお母さんたちはブランド物の靴やバッグ、キレイめの服で歩いています。また、学校へ子どもを送迎しているのは高級車ということが多いです。

 

見るからにお金持ちそうな印象を受けます。

 

実際に、長期休暇中は海外旅行へ出かけたり、子どもの習い事もゴルフや英会話、バレエなど月謝の高そうなものが多いのです。

 

これが彼らの普通の暮らしらしいのですが、果たしてそれが本当なのかは当事者以外にはわかりません。

 

周囲に合わせて無理をしているのかもしれません。

 

私立小学校へ通わせているママ友が「海外旅行へ行ったことがないと我が子が学校でバカにされそうだから、今年はシンガポールへ行った」と言っていたことがあります。

 

お金の悩みのない普通の暮らしをするなら、他人の目や評価など気にしない強い心が必要なのかもしれません。

 

お金は確かにたくさんあれば悩みも少なくなりそうですが、決してそれだけではないと思います。